職場恋愛で公私混同は厳禁!

女性にとって職場で起こる可能性がある問題として、恋愛問題があります。病院など医療施設では、医師や看護師同士で互いに好意を持ち、職場恋愛に発展するケースも多いです。しかし本来の業務よりも恋愛を優先してしまい、本来行うべき業務が疎かになってしまってはいけません。

職場での公私混同は、看護師にとって避けなければならない事態です。このような職場恋愛に起因するトラブルは、一度問題となると解決が難しくなります。トラブルがさらに大きく発展してしまうと、今度は職場全体にも悪影響を及ぼしかねません。

病院などで職場恋愛をするなら、仕事と私生活のはっきりとした区別をつける意識が必要です。看護師としての勤務中は業務に集中し、プライベートの時間を利用して互いの親交を深めるのがベストです。節度を持って業務をきちんとこなせる看護師であれば、周囲から職場恋愛への理解も得られます。恋愛は決して悪いことではないのですから、やめる必要はありません。しっかり節度を守って、大人の恋愛を楽しむ心掛けが、働く看護師にとって求められます。

恋愛がヒートアップすると周囲への配慮も怠りがちです。そこで職場での恋愛関係が、看護の仕事に支障をきたしていないかどうか、定期的に再確認することも必要です。たとえ本人たちは気づいていなくとも、知らない間に周囲に迷惑をかけているケースはよくあります。仕事と恋愛のバランスをきちんと取ることが、トラブルを未然に防ぐためには大切です。

Leave a Reply