セクハラ被害の対処法

働く女性が抱える心配ごとの一つに、セクハラ被害を受ける可能性が挙げられます。職場でのセクハラ被害のトラブル事案は各業界で聞かれ、医療業界においても例外ではありません。特に看護師の場合、患者から受けるセクハラ被害を心配しているケースが多いです。

まだ仕事を始めたばかりで経験の浅い女性看護師は、例えセクハラ被害を受けたとしても声に出して訴えることに躊躇する人も少なくありません。しかしこの状況を放置しても事態は悪化するばかりであり、泣き寝入りはせず何らかの対策を行わなければ、看護師の働きやすい労働環境を整えることは出来ないでしょう。

そこでもし看護の仕事中にセクハラのトラブルに遭遇したとしたら、一人では解決しようとはせず周囲の人たちの協力を得ることが重要なポイントです。看護師が働く職場の同僚や上司など仲間に相談し、職場全体の問題として捉える意識が欠かせません。女性の看護師が一人だけでは対処が難しいセクハラの問題でも、職場でスタッフ同士がグループで団結して対処すれば問題は解決しやすくなります。

さらに万が一患者からセクハラ被害を看護スタッフが受けた場合に備えて、あらかじめ対処マニュアルを作成しておくと効果的です。事前に明確な対策方法が分かっているなら、看護師が一人で思い悩む必要性はありません。また迅速にセクハラ被害に対処するために、被害の状況が悪化する前にこの問題を解決しなくてはなりません。

Leave a Reply